コミュニィティ湘南が選りすぐった、独自の標準仕様があります。
その標準仕様で、55万円/坪を建築費用の単価にしています。
標準仕様以外でも、お客様が希望されるものは基本的にできないことはありません。
オプションになる場合は、前もって見積りし、ご了解をいただいてから工事にかかります。
建築相談にはお金はかかりません。
参考プランを作成しますので、どの程度のボリューム、プランができるかはご判断いただけると思います。
コミュニティ湘南の建築の最大の特徴は、一級建築士が建築相談から設計、工事監理と建物完成まで、お客様とお付き合いできることです。
どんな些細なことでも、遠慮せずいつでも相談できます。
ここが当社のおススメポイントです!
住宅は、その土地の持つ特性、採光、通風などの周辺環境、住む人の家族構成、考え方などが違う空間をつくるわけですから全てオリジナルになるのが当たり前だと思います。
そのご家族に合った、敷地の特性を生かしたプランのご提案をいたします。
基本プラン(間取りと考えてもいいと思います)が決まってから、建築確認をとり、着工するまで概ね1ヵ月。
その後工期は実質3.5ヵ月程度かかります。
何度でも可能です。お客様が納得するまで対応致します。
ここが当社のおススメポイントです!
基本設計を基に、細部まで細かく設計することです。
一般の意匠図、意匠詳細図(平面詳細図・矩計図・展開図・建具リスト・各部詳細図等)
構造計算、構造図(伏図・軸組図・構造詳細図等)
設備図(配管図・配線図・系統図など)
建築確認申請などの設計業務・・・などがあります。
詳細設計をすることにより、照明の高さや数、棚の高さ、家具の配置などが判りやすくなります。

当社では他業者さんではほとんどお目にかかれない、1/50スケールの詳細設計図面をご用意いたします。
各部屋・階段・クローゼット・トイレ・家の大きな断面図…など、必要な場所はすべて作成いたします。
図面を確認していただき、お客様のご要望に合わせて照明・棚などの具合をさらに微調整することができます。
ここが当社のおススメポイントです!
お宅訪問のお話しをしますと、お客様から「えっそんなことできるんですか?」とのお声をいただきます。
当社のお客様はみな、先輩のお家を見たり、話を聞いたりしています。
実際に新築を建てたお客様からアドバイスや住み心地などの感想を聞けるのはこれから自分の家のプランを考えたり、施工する際に、とても参考になると思います。
設計とは、建築するために必要な図面を作ることであり
監理とは、その図面通りに工事を行っているかをチェックすることです。
通常、設計したものが監理をするので、「設計・監理」は同一の建築士(設計事務所)になることが一般的です。
設計と監理の担当者を分けることも可能ですが、他人の設計はその意図が良く理解できない場合がありますので、変更などがあった場合は、臨機応変に対応ができなくなります。

分譲会社・工務店によって異なりますが、お申込みから建物完成までには営業・設計士・工務店担当・現場監督など、段階によって担当者が変わります。
当社では一貫して吉田先生に最初からお引渡しまで設計監理を担当してもらうようにしています。
行き違いや気持ちが伝わらないなど、担当が変わることによって起こりうるトラブルを未然に防ぐためです。
一貫することにより、担当者が変わる度に何度も同じことを伝えなくて済みますし、直接設計士が担当することによって、臨機応変に対応でき、工務店にお客様の意向を伝えやすくなります。
ここが当社のおススメポイントです!
設計図は平面図・立面図など、2次元で表現されます。
平面図についてはほとんどのお客様が「間取り」として理解できますが立面図は立体を2次元で表現するので、そのボリュームは理解しづらいと思います。
それを伝える方法として、模型やパース(完成予想図)がありますがパースの場合は絵なので一面しか見えません。
模型にすることによって、上下左右から検討できます。
本物と同じバランスで縮小して作成しますので、間取りや形状などがしっかり理解でき、日の当たり具合や風がどんな風に吹きぬけるかなどの詳細な部分がイメージしやすくなります。
言葉や設計図では伝わらない部分を、しっかりと模型でお伝えいたします。
完成時には、お客様に検査をしていただき引き渡しをいたしますが、その後住まわれてからお気づきになる点もあろうかと思います。
完成後も、きちんと対応いたします。
いたします。
コミュニティ湘南の社長がお客様に合ったローンの見積もり・プランを導き出します。
お気軽にご相談ください。
建築基準法は、震度6~7程度の地震があった場合、建物が倒壊しないように構造基準を設けています。木造住宅もその基準に基づいて構造計算をした上で、安全な建築をつくります。